アメリカ大学留学生の3割が中国人になる

アメリカ大学留学生の3割が中国人になる

済龍 China Press 2013/11/14

2013年11月14日、アメリカ国際教育協会(IIE)が、アメリカの大学における留学生統計データを発表した。

  中国人留学生:アメリカ大学留学生の3割を占める

 発表によると、2012年―2013年度、アメリカの大学に在籍した外国人留学生は、前年度より7.2%増加し、81万9644人となった。

 国籍別に見ると、中国人留学生が最も多く、全体の28.7%に当たる23万5597人に達した。中国人留学生は前年度と比較して21%の大幅増加を示している。
 なお、中国人に次いで多かったのはインド人。第3位は韓国人、第4位はサウジアラビア人、第5位はカナダ人であった。

 留学生の受け入れが最も多かったのは州は、カリフォルニア州で、全体の8.4%にあたる、11万1379人を受け入れている。第2位はニューヨーク州、第3位はテキサス州。
 留学生受入数が最も多かった大学は、南カリフォルニア大学で9840人に達している。第2位はイリノイ大学、第3位はパデュー大学。

  中国:アメリカ人第5の留学先となる

 また、2012年―2013年度、海外大学に留学したアメリカ人は、前年度より3.4%増加し、28万3332人となった。
 留学先はイギリスが最も多かった。第2位はイタリア、第3位はスペイン、第4位はフランス。第5位は中国であった。

(China Press 2013:IT)