事故物件に関するアンケート

事故物件に関するアンケート、18.7%が「住んでもいい」/オウチーノ調査

(株)オウチーノは事故物件に関するアンケート調査の結果を発表した。首都圏在住の20~39歳の男女500名を対象に10月9~12日の期間、インターネット調査したもの。

 「事故物件に住んだことはありますか」との問いでは、「住んだことがある」と回答したのは6.9%、「住んだことがない」は63.7%、「確認したことがない」は19.3%。「事故物件に住んでもいいと思うか」の問いには、18.7%が「住んでもいい」と答え、「住みたくない」は47.5%と約半数を占めた。男性の25%が「住んでもいい」と回答したのに対し、女性では12.3%と男女差が生じた。

 「住んでもいい」と回答した人の理由では「詳細は知りたいが、家賃が安ければいい」「相場より安く、物件自体の条件が良ければ住まない手はない」など、家賃が安ければ特に気にしないという声が多かった。

 また、「家賃がいくら安くなったら、事故物件に住んでもいいと思うか」との質問には、「いくら安くなっても住みたくない」が48.4%であったのに対し、「1万円」(6.3%)、「2万円」(6.0%)、「3万円」(10.0%)、「4万円」(4.0%)、「5万円以上」(14.5%)と、約4割の回答者が家賃が安くなるなら事故物件に住んでもいいと思っていることが分かった。


(株)オウチーノ