事故物件に関するアンケート

事故物件に関するアンケート、18.7%が「住んでもいい」/オウチーノ調査

(株)オウチーノは事故物件に関するアンケート調査の結果を発表した。首都圏在住の20~39歳の男女500名を対象に10月9~12日の期間、インターネット調査したもの。

 「事故物件に住んだことはありますか」との問いでは、「住んだことがある」と回答したのは6.9%、「住んだことがない」は63.7%、「確認したことがない」は19.3%。「事故物件に住んでもいいと思うか」の問いには、18.7%が「住んでもいい」と答え、「住みたくない」は47.5%と約半数を占めた。男性の25%が「住んでもいい」と回答したのに対し、女性では12.3%と男女差が生じた。

 「住んでもいい」と回答した人の理由では「詳細は知りたいが、家賃が安ければいい」「相場より安く、物件自体の条件が良ければ住まない手はない」など、家賃が安ければ特に気にしないという声が多かった。

 また、「家賃がいくら安くなったら、事故物件に住んでもいいと思うか」との質問には、「いくら安くなっても住みたくない」が48.4%であったのに対し、「1万円」(6.3%)、「2万円」(6.0%)、「3万円」(10.0%)、「4万円」(4.0%)、「5万円以上」(14.5%)と、約4割の回答者が家賃が安くなるなら事故物件に住んでもいいと思っていることが分かった。


(株)オウチーノ


posted by 紀子 中野 ダウリー at 04:40賃貸

アパートの賃貸料は、なぜ、銀行振り込みが出来ないのでしょうか?

アパートは、マネーオーダー(分からない人は、一つ前の投稿をご覧ください)による支払いが多いですが、メディカル地区のアパートは、マネーオーダーだけしか使えない所がありますので、注意が必要です。

振り込みが出来ないアパートが多いのは、アメリカでは、送金しても、相手の口座に確実に入金される保証がないからです。

私は投資家で、生活を家賃収入に頼っていますが、テナントが私の銀行口座に賃貸料を振り込んだと言っても、入金されていない事が問題になります。
本当にテナントの口座からは賃貸料が引き落とされているのに、私の方には入金がありません。

また、今日、実際に起きた問題ですが、私が所有するコンドミニアムには管理会社が付いており、毎月、管理費を払う必要があります。
私は支払いを気にするのが面倒なので、とにかく、クレジットカードでも何でも、自動振り込みの設定をして置きます。

ところが今日、この管理会社から電話があり、「先月の管理料が払われていないので、遅延料と一緒に支払って下さい。」と言われ、唖然としました。だって自動振り込みが設定してあるのです。

何で?今まで毎月、問題なく自動振り込みが出来て、いきなり先月だけが振り込まれていないのか?
完全にアメリカ流です。


これについては、アメリカの銀行の仕組みについて説明する時にお話しします。
posted by 紀子 中野 ダウリー at 15:10賃貸

キャッシャーズ チェックって何ですか?マネーオーダーと同じですか?

お客様から、キャッシャーズ チェックも、マネーオーダーも、何か分からないと質問されました。

キャッシャーズ チェックは、英語のカタカナ読みなんですが、まず、英語の呼び名は複数ありますので、注意が必要です。
Cashier's check
cashier's cheque
banker's cheque
bank cheque
official cheque
demand draft
teller's cheque
banker's draft
treasurer's cheque
これらは全て同じ物を指しています。単語(言い方)が違っても、全部、キャッシャーズ チェックの事です。

では、キャッシャーズ チェック(Cashier's check)って、何でしょう?

キャッシャーズチェックは、額面と受取人が書かれた1枚の紙切れで、受取人にはその額面のお金が保証されます。自分の口座がある銀行で発行してくれますが、その額が口座に入っていなければ発行してもらえません。そのため、簡単に言うと「受取人の書かれた現金」です。
作るためには、あらかじめお金を払う必要があるため、不渡りの出る可能性のあるチェックに比べて、信用度の高い支払方法とされています。
キャッシャーズチェックは、銀行でしか作ることができません。

家や車、ローンの頭金など額面が高額な時は、キャッシャーズチェック(Cashier’s Check) 。
アパートメントの手付金など、現金で持ち歩くには危ないけど、そんなに高額ではない時は、マネーオーダー (Money Order)。
これは、自分の小切手帳から作るいわゆるチェック(personal check) とは別のものです。

マネーオーダーは、額面は書かれていますが、受取人は、記入してもらう事も、購入者が自分で書く事も、空欄にする事も出来ます。
マネーオーダーは、銀行だけでなく、オールマートなどのスーパーや薬局で作ることも可能です。そのため、キャッシャーズチェックの方が、より信頼度が高いとされています。
マネーオーダーの手数料は、キャッシャーズ チェックより安いです。
しかし、マネーオーダーには限度額があります。

マネーオーダーを銀行で購入した場合は、キャンセルした時に直ぐにお金が戻りますが、薬局やスーパーで購入した場合は60日以上待たされる事が普通です。

もちろん、換金については、どこで購入したマネーオーダーであっても問題なく、どこでも出来ます。

posted by 紀子 中野 ダウリー at 08:45賃貸